上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
最近 よだれ王子の様子をUPしてないなぁ・・・ とっても元気です☆ 
毎日プレイマットの上でパタパタ
大人には真似出来ない妙な動きで笑わせてくれてます
で・・・我が家の王子と全く同じと言ってもいいくらいの
可愛いちぃ君
のページが、こちら☆
寝返りの様子なんて、ホンと同じです

さて 話は変わって
↓の失踪事件ですが・・・閉じ込め事件とも言う
今日は逆に閉じこもれ!な話を
以前飼っていたIセターのディ・・・

長文なので覚悟して下さい(汗 & 時間のない方はスルーしてね(笑

当時小学生だった娘(今は、もう高校生)が通う先生から私の職場に電話が・・・
何事!?って思いますよね
先生    「○○ちゃんちのワンちゃんが学校に来てます」
私      「えぇーっ!!そんなはずありません!家に居ますよ」
先生    「でも○○ちゃんが、ディって言ってますし、とり合えず迎えに来て下さい」
大慌てで迎えに行きましたよ・・・なんで出れたのか不思議だったけど、まさか犬が玄関の鍵を
開けて外に出るなんて予想もしませんから 、事故にあわずに良かったって事で自分を納得させて。
翌日は、きのうの事もあるから出勤する時鍵の確認をして家をでました
が・・・またも先生から電話 (= ̄□ ̄=)
ん・・・やっぱりディが鍵を開けて、お姉ちゃんの居る学校まで遊びに行ってるのは間違いない様子
確かにディは、リビングの扉を器用に前足や顔を使って開けられるけど
まさか玄関まで開けられるとは!!恐るべし!!
翌日の対策としては、リビングから出れないようにソファを移動させました
が・・・今度は私の職場に現れた!!(家から10分位の所でパート)
なんか聞き覚えのある声で ワン!ワン!って
居ました!!倉庫でドライバーさんと遊んでるディ
散歩でも遊びに来てたので、みんなディの事は知ってるんです
その日は、そのままディと一緒に仕事・・・みんなに撫で撫でされて、ご満悦なディ・・・
翌日は、会社を休んで玄関のドアノブを丸い形に変えてもらいました
丸ければ、器用なディでも開けられません
嘘のような三日間でしたよ(>_<)
事故に合わなくて本当に良かった・・・
ディは、子供が大好き☆
子供達が二段ベッドで遊んでると 僕もぉ~!って学習机を踏み台にジャンプして一緒に遊ぶんです
当然・・・あの巨体がベッドを占領しちゃいます(>_<)
娘達に文句言われながらも一緒に仲良く遊んでる姿は、見てて微笑ましかったなぁ
ディは、2才になる前に私達の前から居なくなりました・・・
近所のスーパーで買い物中に・・・私が戻ったら居なかった・・・
買い物に連れて行った私の責任です
必死に探したけど、見つけられませんでした
警察&保健所&市役所に届けは出したけど二度と会う事は出来ませんでした
きっと誰かに連れ去られたんだと思います・・・
ブリーダーさんからお墨付きをもらい、ショーチャレンジするならって事で無理言って譲ってもらった
ディ・・・娘はジュニアハンドラーの資格取って頑張ってる最中の時だったので本当に辛かったです
お兄ちゃんのランディは、その一年半後に亡くなりました・・・
ちょっぴり暗い話しになってしまいましたが、もう立ち直ってます♪
ランディは私にIセターの素晴らしさを教えてくれた大切なwanです
ランディの話しは、また今度☆
img070.jpgおこちゃま時代のディ☆ まだコートが貧毛(笑



スポンサーサイト
2008.07.25 
今日はhanaとは関係ないけど・・・

私の大好きなoasis

最近音楽を聴く時間が無くて遠ざかってたけど

今、アルバムを聞きながら、この記事を書いてたりします

やっぱり良いなぁ 日本に来日した時は必ずライブに行ってます

音楽もそうだけど、本を読んだりも時間だけじゃなく気持ちにも余裕がないと

遠ざかるような気がする・・・私だけかな?

特に私は不器用だからよけい(^-^;

気分転換に本でも読もう♪なんて思って興味あ文庫本買ってきても

読み進めてはいるけど頭に入ってなかったり・・・

前に読んだはずの本なのに新鮮だったり なんて事も多々あったりする




そしてパパは、まだ帰ってこない(>_<)              つまらないなぁ

ちなみに今AM01:18


2008.05.03 
って事で12日に男の子を出産いたしました☆
11日の夜8時頃からシクシクお腹が痛みだし10時半に入院
陣痛室に入る事もなくいきなり分娩台に!
なんと子宮口が8cm開いてたそう(汗
入院してから二時間で産まれてくれた親孝行な子♪
ミラクル安産です
パパが陣痛室で待機してた時、隣のベッドでは陣痛で大騒ぎな妊婦さん&ご主人
私もさぞ、痛がってるはずなのに何も聞こえてこない分娩室・・・
なんかあったのかと不安だったそうです
実は私も相当痛かったです
でも痛くない、痛くないって自己暗示をかけながら耐えてました
それでも我慢出来ない痛みが来た時に一回いきんだら産まれてくれました☆

元気に産まれてくれて、心から・・・ありがとう
2008.03.19 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。